個人再生ってなんですか?

裁判所を介して行なう債務整理手続きの1つ。
1番の特徴は住宅を守りながら借金を減額することが出来るという点です。
債務整理には他に任意整理と自己破産があり、基本的には任意整理で借金を整理できないかを検討しどうしてもダメな場合は自己破産と言った流れになります。
個人再生はその任意整理と自己破産の間に位置する手続きと言ってよいです。
個人再生は債務の減額を法的に行ないますので、裁判所を介す必要があります。
自己破産はざっくり言うと今まで借りていた借金を全て無かったことにする法的手続きですが、その代償として地価20万円以上の財産を処分され債権者へ配当されることになります。
もしも住宅ローン支払っていたとしてもその住宅は手放すこととなります。
ですが個人再生であれば住宅を守りつつも債務を減額させることが出来ます。
但し住宅ローンを減額できるわけではありませんのでその点はお間違えないように。
住宅ローンは今までどおりの支払いを続けることとなります。
個人再生では債務の一部免債を求める手続きで、債務総額の5分の1もしくはその金額が100万円以下であれば100万円を3年間で分割で返済していくこととなります。
個人再生を利用するための条件は、支払不能の恐れがある、安定した収入がある、住宅ローンを除く総債務額が5000万円以下であることとなります。どうしても今すぐお金を借りたいなら?